TOP > Workshop > 色で魅せるデジタル写真のレシピ -色の基本調整から作品のための色づくりまで-

色で魅せるデジタル写真のレシピ -色の基本調整から作品のための色づくりまで-

デジタルカメラで撮影された写真はモニター上できれいに表示されますが、プリンターで紙に出力してみると、思った通りの色にならなかったり、深みのない色の写真になりがちです。個性的な作品づくりのために、カメラ内のカラーフィルターやJpegの仕上がり設定から一歩進んだ「写真の色」を考えます。

現在、世界で最も多く使われているカメラはスマートフォンについているカメラです。多くの人がスマートフォンで撮影された写真をアプリで加工し、ブログやSNSに投稿して楽しんでいます。最近ではデジカメの画像では満足できなくて、使い捨てカメラの画質やフィルムの色のトーンに惹かれて使う人が増えていると聞きます。つまり、「人と違う表現」をしようとするとデジカメの画像は向いていないとも言えます。

各カメラメーカーは様々なカラートーンの設定を作りカメラに内蔵していますが、細かくコントロールをして自分の好みに仕上げるには役不足です。色調整、色づくりの基本は自分がターゲットとする色に近づけていくことにあります。そのためには自分が望む写真のトーンや色味を知らなければいけません。そして、それがわかった後に必要な「どのようにすれば自分の写真で実現できるか」を知る機会が少ないと思います。

この講座では、基本的な色の編集の知識からプロフェッショナルな色の調整や色づくりを、写真編集のワークフローを交えて解説していきます。「正しい色に補正すること」ができれば「自分の好きな色味に調整すること」も難しくありません。きっとこれからの自分の写真作品づくりのヒントになるはずです。

回数 1回
初回開催日 2017年7月29日
講師 塚本宏明
受講料 ¥2,160
定員 16名(10名以上で開講)
開催場所 カロタイプ・フォト・ワークス
持ち物 -
プログラム内容 7月29日 13:00~15:00

【内容】
この講座ではPhotoshopのCameraRawを使ったRAW現像からPhotoshopでの写真編集の流れの中で「色」を中心に扱い、それに必要な設定やツールや調整レイヤーによる編集を紹介します。

専門的な知識を必要としない色の基本的な調整から、レイヤーマスクを使ったPhotoshopの知識が必要な調整を扱いますが、初歩的な作業から段階的に時間をかけて解説していきます。また、受講生の方たちとコミュニケーションをとりながら疑問点を解決したりリクエストを受けたりなどをして、様々な「写真の色づくり」の方法を紹介します。
受講料に含まれるもの -
受講料に含まれないもの -
申し込み お申し込みは下記「お申し込み」ボタンより
お問い合わせ 03-3235-7675
お問合わせフォームはこちら
お支払い 開講の三日前までにお振り込みください。
振込口座 三井住友銀行 丸ノ内支店 普通預金
7055170 株式会社T&Yアッシュ
【 講師プロフィール 】

塚本宏明

レタッチャー。東京都出身。ニューヨークでコマーシャルフォトグラフィーを学び、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のイメージングサービス部門でのインターンを経て、人物やファッションを中心としたレタッチャーとして働く。

Hiroaki Tsukamoto Facebook Page






ご案内

ご予約完了までの流れ
  1. 下の「予約する」ボタンを押すと予約システムの画面が表示されます。ページの下の方にある「予約を進める」ボタンを押してください。(日時と金額をよくお確かめください。)  お客様情報を入力し、送信したら予約の申し込みが完了します。
  2. 開催人数に達した場合、受講料の振込先を記載したお知らせのメールをお送りします。お支払い方法は「銀行振込」となります。お手数ですが、事前にお振込をお願い申し上げます。

他おすすめのワークショップ

過去のワークショップ

WorkShop一覧へ戻る