TOP > Workshop > SIGMA Foveon 体験講座 -SIGMA dp Quattro を受講者全員に貸し出します-

SIGMA Foveon 体験講座 -SIGMA dp Quattro を受講者全員に貸し出します-

皆様はSIGMA Foveon センサーカメラでの撮影、作品制作をされたことがありますか?一度使われてみると、その圧倒的解像感、色表現に驚かれることと思います。一方で現像には独自のソフトが必要で、他のデジカメのように「カメラ任せで押せば写る」カメラではありません(ポジフィルムでの撮影の操作感)。慣れてしまえば離せなくなるカメラ、それがFoveonセンサーカメラです。
この度、Foveon で作品を作られ シグブラ(https://www.sigma-photo.co.jp/sigbura/)を綴られている三井公一氏に講師をお願いし、Foveonの体験講座を開催いたします。この機会に是非Foveonを体験してみませんか?この講座ではSIGMA dp Quattro を受講者全員に貸し出しいたします。dp Quattroは画角が35mm換算で21mm(dp0)、28mm(dp1)、45mm(dp2)、75mm(dp3)と4種類あります。それぞれ2台ずつ用意しますので人気機種は交代で使って頂く形になります。

回数 1回
初回開催日 2018/9/22(土)
講師 三井 公一
受講料 ¥10,800
定員 8人(5人以上で開講します)
開講のお知らせ ワークショップ開催に2週間前に開講の可否を決定します。
①申し込みが最低人数に達している場合は開講いたします
②開講人数に達していない場合においても講師の判断で開講する場合があります。

開講のお知らせメール(開講しない場合も含む)は開講の12日前までにお送りいたします。
開催場所 カロタイプ、カロタイプ界隈
持ち物 SDカード
プログラム内容

922日(土)

13:00-13:30

カロタイプ集合、カメラの説明

13:30

撮影地へ出発(カロタイプ界隈)

14:00-16:00

撮影

16:30-18:30

専用ソフトで現像の後、プリント

受講料に含まれるもの インクジェットプリント用紙代、インク代
受講料に含まれないもの -
お問い合わせ 03-3235-7675
お問合わせフォームはこちら
【 講師プロフィール 】
三井 公一

プロフィール


1966年神奈川県生まれ。新聞、雑誌カメラマンを経てフリーランスフォトグラファーに。雑誌、広告、Web、ストックフォト、ムービー、執筆、ワークショップ、コンサルティングなどで活躍中。有限会社サスラウ代表。
著書にはiPhoneで撮影した写真集「iPhonegrapherー写真を撮り、歩き続けるための80の言葉(雷鳥社)」、「iPhone フォトグラフィックメソッド(翔泳社)」などがある。

コンタクト


 

 





他おすすめのワークショップ

過去のワークショップ

WorkShop一覧へ戻る