TOP > Workshop > 世界でひとつ、自分だけのフィルムカメラをつくる【定員に達しました】

世界でひとつ、自分だけのフィルムカメラをつくる【定員に達しました】

カメラの仕組みを最も簡単に理解できる方法は、シンプルな機械式カメラを分解し、その動きを見ることです。カメラの内部を見ながら、これ以上わかり易く説明できないほどわかり易い説明を聞いてみてください。カメラの中で何が起こっているのかを知り、自分で組み立て、好きな色のレザーで仕上げた世界でひとつのMy Cameraを手に入れてみませんか?難解な作業はありません。プラモデルのようにパーツを組み立てていくので、初めての方も必ず時間内に終わります。工具もすべてこちらで用意します。


今回のワークショップで使用するTrip35はオリンパスが1968年に発表したカメラです。写りが良く、故障も無く、低価格。発売から20年間ほぼ設計の変更無しに生産が続いた超ロングセラー機でした。電池を使わないのにオート露光。それはセレン板という太陽電池のようなものが内蔵されているからなんですが、セレンは半永久的に劣化しません。つまりこれから何十年たってもオート露光ができる、使う人にも環境にやさしいカメラなのです。

回数 1回
初回開催日 2016年8月6日(土)
講師 セイリー育緒
受講料 ¥18000( TRIP35を1台仕上げて持ち帰ります)
定員 10名(5名以上で開催)
開催場所 カロタイプフォトワークス
持ち物 特にありません
プログラム内容 こちらで用意したカメラのパーツを参加者自身の手で組み立て、お好みのスタイルのカメラを完成させます。
受講料に含まれるもの -
受講料に含まれないもの -
申し込み お申し込みは下記「お申し込み」ボタンより
お問い合わせ 03-3235-7675
お問合わせフォームはこちら
お支払い 開講の三日前までにお振り込みください。
振込口座 三井住友銀行 丸ノ内支店 普通預金
7055170 株式会社T&Yアッシュ
【 講師プロフィール 】

セオリー育緒

デジタル世代に向け、フィルムカメラを取り入れたユニークライフを提案するFilm Camera Revivalの代表。機械式カメラ修理歴18年。写真家としては2007年土門拳文化賞受賞。京都市生まれ。東京、メキシコシティ、ハリウッド、サンフランシスコなどに暮らし、現在は再び京都市在住。写真集「Whiskey drinking troubadour/酔いどれ吟遊詩人」(窓社)、著書「I love フィルムカメラ」(技術評論社)

 

 

他おすすめのワークショップ

過去のワークショップ

WorkShop一覧へ戻る