TOP > Workshop > リスプリントを楽しむ – Joy of Lith Printing③

リスプリントを楽しむ – Joy of Lith Printing③

デジタル写真の技術が成熟し、高画素、低ノイズの写真が当たり前になりました。しかし同時に、写真のそうではない側面の大切さに気付く人、アナログにしかできないことをやろうとする人が世界的に増えています。なかでもこの「リス(Lith)プリント」は、通常の銀塩写真とまったく同じ暗室で引伸し機を使うプリント法でありながら、古典技法のような風合いが出せるという点で、欧米を中心に多くの写真家に愛されています。講師も過去に、写真集1冊すべての作品と、個展数回を含む数多くの写真展をリスプリントで行っており、その美しさ、おもしろさに魅了されている1人です。あなたもぜひ一度体験してみてください。

回数 1回
初回開催日 2018年9月17日(月)
講師 安達 ロベルト
受講料 ¥11,880
定員 4名(3名以上で開講)
開講のお知らせ ワークショップ開催に2週間前に開講の可否を決定します。
①申し込みが最低人数に達している場合は開講いたします
②開講人数に達していない場合においても講師の判断で開講する場合があります。

開講のお知らせメール(開講しない場合も含む)は開講の12日前までにお送りいたします。
開催場所 カロタイプ・フォト・ワークス
持ち物 ・現像済みの白黒ネガ数点
・エプロンまたは汚れてもいい服装
・呼吸器系が弱い方はマスク
プログラム内容 【プログラム内容】

13:30-14:00 イントロダクション
14:00-14:30 暗室で講師デモンストレーション
14:30-16:00 各自プリント
16:00-16:30 まとめ

※暗室未経験の方は、別途暗室入門ワークショップ(¥8000/1回 随時開講)を受けてください。
受講料に含まれるもの 印画紙、現像液等、ネガ以外に必要なものすべてが含まれます。
受講料に含まれないもの -
お問い合わせ 03-3235-7675
お問合わせフォームはこちら
【 講師プロフィール 】
安達ロベルト

プロフィール


写真を独学。アナログ白黒作品制作を活動の中心に置き、国内外で多数展示。並行してエディトリアル、広告、ポート レート等の分野でも撮影。写真雑誌での執筆も多数。日本写真学院、PHaT PHOTO写真教室等でも講師を務める。フ ァインアートの分野で国内外で受賞多数。主な出版物に写真集「Clarity and Precipitation」(arD)等がある。1969 年生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。

コンタクト


 





他おすすめのワークショップ

過去のワークショップ

WorkShop一覧へ戻る