TOP > Workshop > デジタルネガと銀塩プリント体験会

デジタルネガと銀塩プリント体験会

デジタルカメラはフィルムカメラに比べ、操作性、携帯性に優れ暗さにも強く比較的簡単にクオリティの高い作品を製作することが可能です。一方で、銀塩プリントにはインクジェットプリントにはない美しさ、階調があります。これら両方のよいところを併せ持つプリント作成はデジタルネガと暗室作業にて行うことが可能です。
カロタイプではこの度、皆様にそれを体験していただきたく表記体験会を企画いたしました。暗室未経験の方でも参加できますので、この機会に是非ご体験ください。

回数 1回
初回開催日 2018年8月25日(土)
講師 本多 俊一
受講料 ¥9,720
定員 4名(3名以上で開講します)
開講のお知らせ ワークショップ開催に2週間前に開講の可否を決定します。
①申し込みが最低人数に達している場合は開講いたします
②開講人数に達していない場合においても講師の判断で開講する場合があります。

開講のお知らせメール(開講しない場合も含む)は開講の12日前までにお送りいたします。
開催場所 カロタイプ・フォト・ワークス
持ち物

プリントしたい画像データをお持ちください(最近3ヶ月以内に発売されたカメラの場合はJPEGでお持ちください)。

①発売後間もないカメラのRAW データはレタッチに使用するPhotoshopの現像ソフトが対応していないため、RAW ではなくJPEGでお持ちください。
②実際にプリントするデータは2〜3点です。 余裕を持って5点程度お持ちください。
③可能であれば、あらかじめ画像をモノクロに変換し仕上げたいイメージにレタッチののちプリントしてお持ちください。印画紙にプリントしたものと比較ができます。
④モノクロ変換や基本的な現像、レタッチに不慣れな方は1時間程度早く来ていただければレクチャー可能です。ただし、事前にカロタイプスタッフまで必ずお知らせください。

プログラム内容

2018年8月25日(土)


10:00-11:00 photoshopを用いたデジタルネガの作成

11:00-12:30 ネガ作成と印画紙へのプリント作業


※暗室作業未経験の方でも参加していただけます。

※繰り返すことによってプリントのクオリティも上がります。過去に受講された方にも受講をお進めいたします。

受講料に含まれるもの 印画紙、デジタルネガ用フィルム他必要なものは全て含まれています。
受講料に含まれないもの -
お問い合わせ 03-3235-7675
お問合わせフォームはこちら
【 講師プロフィール 】
本多俊一

フォトグラファー/写真教室講師/グラフィックデザイナー、他。芸能プロダクション付制作会社や教材映像制作の会社を経て、フリーランスに。 現在、フォトグラファーとして活動しながら、現在PHaT PHOTO写真教室にて専属講師。また、80人ほどを集めるグループ展PhotoNicoの主催や、海外での日本人展の企画(2016n年-2017年フランス・パリで開催)など展開。 その他クリエイティブに特化した転職支援や和田裕美式・陽転思考エデュケーターなど多方面に渡り活動中。 著書(共同執筆)に「Photoshop Lightroom CCで極める! プロの現像テクニックに学ぶ作品づくり(マイナビ出版)」がある。
<参考ウェブサイト> ブログ : http://shunichihonda.blog.jp/ PhotoNico:http://photo-nico.com/ Nico(パリ展示):http://nico2016.tokyo/

ご予約完了までの流れ
  1. 下の「予約する」ボタンを押すと予約システムの画面が表示されます。ページの下の方にある「予約を進める」ボタンを押してください。(日時と金額をよくお確かめください。)  お客様情報を入力し、送信したら予約の申し込みが完了します。
  2. お支払い方法はクレジットカードか銀行振込となります(※カードの請求元は(株)T&Yアッシュになります。銀行振込の場合は「当日現金支払い」を選択してください。)。開催人数に達した場合、受講料の振込先を記載したお知らせのメールをお送りします。お手数ですが、事前にお振込をお願い申し上げます。クレジットカードで事前決済なさったのに開講人数に達しなかった場合は全額返金いたします。


他おすすめのワークショップ

過去のワークショップ

WorkShop一覧へ戻る