TOP > Workshop > RAIEC写真表現マスタークラスinTOKYO 写真で語る ー 優れた写真表現を追求するために

RAIEC写真表現マスタークラスinTOKYO 写真で語る ー 優れた写真表現を追求するために

写真表現マスタークラスの東京開催が決定いたしました。
写真家として世界を舞台に活躍の場を求めたいという方が対象です。
ビジュアルストーリーテリングの手法を学び、グループワークを中心とした写真作品の言語的再構築を通して、優れた写真表現とは何かを考えます。

講師はMirage Galleryの杉山武毅が勤めます。六甲山国際写真祭ディレクターとしてReview Santa FeやPhoto Lucidaなど海外レビューイベントでの豊富なレビュー経験に基づき、世界に通用する作品作りに必要なアドバイスを行います。
成果発表の場として、ワークショップ修了者によるグループ展をMirage Galleryにて開催します。
各回単体での受講やコミュニケーションワークショップのみのお申し込みも可能です。

回数 全7回
初回開催日 2018年3月30日(金)
講師 杉山武毅
受講料 ¥80,000, 単体受講¥15,000, コミュニケーションワークショップ ¥20,000, ※すべて税込
定員 12名(7名以上で開講)
開催場所 カロタイプ・フォト・ワークス
持ち物 プリント40-60枚(初回 2L~A4程度が望ましい)
プログラム内容 【スケジュール】

第1回3/30(金)19:00-21:00
 写真をとりまく現状
 (Review Santa Fe、Photo Lucida、Angkor Photo Festival、他のイベントフェアなどから見えるもの)

第2回4/20(金) 19:00-21:00
 ビジュアルストーリーテリングの実際1
 写真表現の基本・写真とは他者にどう見えるのか(プロジェクトの大きさ、社会性など)

第3回5/18 (金) 19:00-21:00
 ビジュアルストーリーテリングの実際2
 写真を世界に渡すために必要なこと

第4・5回 6/23(土)9:00-16:00
 写真コミュニケーションワークショップ
  9:00-13:00 グループワーク
  14:00-16:00 ステートメント編集・イベントアプライの方法

第6回6/29(金) 19:00-21:00
 まとめ・グループ展の準備

第7回 フォローアップミーティング参加者と相談
 4ヶ月〜半年後を目処にフォローアップミーティングを開催

※
受講特典
:六甲山国際写真祭への事前審査登録料優遇、Mirage Galleryや他のイベントでの個展、グループ展を開催
受講料に含まれるもの -
受講料に含まれないもの グループ展出展料
申し込み お申し込みは下記ボタンより
お問い合わせ 03-3235-7675
お問合わせフォームはこちら
お支払い 開講の三日前までにお振り込みください。
振込口座 三井住友銀行 丸ノ内支店 普通預金
7055170 株式会社T&Yアッシュ
【 講師プロフィール 】
ご予約完了までの流れ
  1. 本講座は、お電話もしくは下記お問い合わせフォームよりお申し込みください。
  2. お電話の方は03-3235-7675まで、お問い合わせフォームよりお問い合わせの方は下の「予約する」ボタンをクリックすると問い合わせフォームのページに移ります。

他おすすめのワークショップ

WorkShop一覧へ戻る