TOP > Workshop > 大和田良氏、育緒氏、安達ロベルト氏と行く 清里フォトアートミュージアム

大和田良氏、育緒氏、安達ロベルト氏と行く 清里フォトアートミュージアム


国内外で活躍する3人の写真家・大和田良氏、育緒氏、安達ロベルト氏と清里フォトミュージアムを訪問し作品を鑑賞するツアーです。清里フォトアートミュージアムでは、ミュージアム学芸員によるプリントビューイングが行われます。ウィリアム・クライン、細江英公、エドワード・カーティス、アーヴィング・ペン、トニー・レイ=ジョーンズのプリントをご覧いただく予定です。(変更となる場合もございます。)また清里の美しい森に囲まれ、個性的なショップ、レストラン、オルゴール博物館などが点在する「萌木の村」を訪問し昼食。その後施設内で撮影会も行います。

回数 1回
初回開催日 2018年11月10日(土)
講師 大和田 良、育緒、安達 ロベルト
受講料 12,800円
定員 36名(25名以上で開講)
開催場所 清里フォトアートミュージアム
持ち物 カメラ
プログラム内容 7:10 新宿駅周辺に集合

7:30 専用バスにて、清里フォトミュージアムへ向かいます
(車内またはサービスエリアにて、各自、朝食をお取りください)

「清里フォトミュージアム」着後、作品鑑賞
(ミュージアム学芸員によるプリントビューイングが行われます)

その後、萌木の村へ

萌木の村で、各自、遅めの昼食をお取りください

昼食後、「萌木の村」散策、撮影

19:30~20:30頃 新宿駅周辺に到着、解散

※交通状況によって到着時間は、前後することもございます。

 

★お申し込みはこちらのURLから★
https://www.eurasia.co.jp/travel/japan/tour/JNYC

 
受講料に含まれるもの バス代、ミュージアム入館料
受講料に含まれないもの 集合場所までの交通費、各食事代
お問い合わせ 03-3235-7675
お問合わせフォームはこちら
【 講師プロフィール 】
大和田 良

プロフィール


東京工芸大学大学院芸術学研究科修了。 2005年スイス・エリゼ美術館 「reGeneration.50 Photographers of Tomorrow」展に選出され以降、国内外で作品を発表。2007年初の写真集『prism』を青幻舎より刊行。フォトエッセイ集「ノーツ オン フォトグラフィー』(リブロアルテ)、写真集『FORM』(深水社)など著書多数。東京工芸大学芸術学部写真学科非常勤講師。

コンタクト


 



育緒

プロフィール


デジタル世代に向け、フィルムカメラを取り入れたユニークライフを提案する
Film Camera Revival
の代表。
機械式カメラ修理歴18年。写真家としては2007年土門拳文化賞受賞。
京都市生まれ。
東京、メキシコシティ、ハリウッド、サンフランシスコなどに暮らし、現在は再び京都市在住。

主な出版物


写真集「Whiskey drinking troubadour/酔いどれ吟遊詩人」(窓社)
著書「I love フィルムカメラ」(技術評論社)

コンタクト


 



安達 ロベルト

プロフィール


写真を独学。アナログ白黒作品制作を活動の中心に置き、国内外で多数展示。並行してエディトリアル、広告、ポート レート等の分野でも撮影。写真雑誌での執筆も多数。日本写真学院、PHaT PHOTO写真教室等でも講師を務める。フ ァインアートの分野で国内外で受賞多数。主な出版物に写真集「Clarity and Precipitation」(arD)等がある。1969 年生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。

コンタクト


 





他おすすめのワークショップ

WorkShop一覧へ戻る