TOP > Workshop > 赤城耕一ゼミ - 中判カメラをモノクロフィルムで楽しもう –

赤城耕一ゼミ - 中判カメラをモノクロフィルムで楽しもう –

中判、すなわちブローニーサイズのフィルムはカメラによって、6X6、6X7、6X9等種々のフォーマットを選ぶことができます。また35mm判に比べフィルムの面積が広い分、多くの情報を取り込むことができ、より精細な描写が可能となっています。ロバート・メイプルソープやマイケル・ケンナなどの有名写真家も中判フィルムを好んで使いました。この講座では作品の製作を通じて、中判カメラに親しんで頂くとともに撮影〜プリントに至るワークフローを学びます。

回数 全4回
初回開催日 2017年9月16日
講師 赤城耕一
受講料 ¥34,560
定員 8名(5名以上で開講)
開催場所 カロタイプ・フォト・ワークス
持ち物 中判カメラ(台数に限りがありますが貸し出すことも可能です。)、作品(他の参加者の方も見やすいようにプリントしてご持参ください)。
プログラム内容 【日程】




1回目 2017年 9月 16日(土) 13:00-15:00




2回目 2017年 9月 23日(土) 13:30-16:30




3回目  2017年 10月 1日(日) 15:00-19:30




   第一部 15:00-17:00


   第二部 17:30-19:30




4回目  2017年 10月 14日(土)15:00-17:00




【内容】




1回目  9月16日(土)13:00-15:00




中判フィルムの写真をもとに製作された写真集(メイプルソープ、ビビアンマイヤーなど)を鑑賞するとともに中判フィルムカメラ撮影上の注意点等について解説します。また皆様の作品のフォトレビューも行います(フォーマットは自由です。デジタルも可)




2回目 9月23日(土)13:30-16:30(街に出て撮影します)




   13:00 集合、場所は1回目の授業の時に決めます


   13:30-16:30頃 撮影(街歩きスナップ)


   17:00頃 懇親会(希望者のみ)




3回目 10月1日(日)15:00-19:30




モノクロのプリント(暗室作業)を行います。フィルムは予めプロラボ他にて現像の上お持ちください。また、カロタイプでの現像も可能です。現像初心者の方にはスタッフがサポートします。




4回目 10月14日(土)15:00-17:00




作品の講評、撮影のアドバイスを行います。受講者の皆様にも講評に参加して頂きます。




※中判カメラは、台数に限りがありますが貸し出すことも可能です。


※カロタイプでフィルムや印画紙を購入できます。金額は下記の通りです。




フィルム KODAK Tri-X 120 800円/本




印画紙 イルフォードRCペーパー 四切 150円/枚  六切 100円/枚
受講料に含まれるもの 暗室利用料
受講料に含まれないもの 撮影に関わる交通費、印画紙代、フィルム代、懇親会費
申し込み お申し込みは下記「予約する」ボタンより
お問い合わせ 03-3235-7675
お問合わせフォームはこちら
お支払い 開講の三日前までにお振り込みください。
振込口座 三井住友銀行 丸ノ内支店 普通預金
7055170 株式会社T&Yアッシュ
【 講師プロフィール 】
赤城 耕一
東京生まれ。出版社を経てフリー。雑誌、コマーシャルでは人物撮影中心に活動。カメラ・写真雑誌、WEBマガジンでは写真撮影のHOW TOからメカニズムの論評、新製品カメラ、レンズのレビューで撮影と執筆を行う。 使用カメラは戦前のライカから最新のデジタルカメラまでと幅広い。アサヒカメラ(朝日新聞出版)で「銀塩カメラ放蕩記」、月刊カメラマン(モーターマガジン社)「ボケてもキレても」を連載中。 著書に「定番カメラの名品レンズ」(小学館)「銀塩カメラ辞典」(平凡社)「ズームレンズは捨てなさい!」(玄光社)「銀塩カメラを使いなさい!」平凡社など多数


他おすすめのワークショップ

過去のワークショップ

WorkShop一覧へ戻る