TOP > Workshop > 安達ロベルトゼミ

安達ロベルトゼミ

 

誰もが写真を撮れるようになり、いま世界には写真があふれています。写真はこれからもアートとして成立しつづけるでしょうか。あなたはそのなかで何ができるのでしょうか。その可能性をともに考え、日々実践するゼミです。


技術を学ぶワークショップでもなければ、講師のレビューを受けるだけのゼミでもありません。積極的に話し合い、課題を行うことで、新しく写真を始める人にとっては、個性に根ざした独自の作風をつくる機会、これまで写真をやってきた人にとっては、一度すべての先入観をリセットし、新鮮な世界観を構築する機会です。


カリキュラムは、講師がこれまで多くの写真作品を見て、多くの人に写真を教えるなかで実感してきた、生まれ育った過程で自然に身につけてきた個性が写真にダイレクトに反映される、ということに基づいています。


ゼミ終了後はギャラリーにて修了展を行います。修了展に向けて作品制作を行うことにより目的意識が生まれ、受講の効果をさらに確実なものとします。なお、展示に向けての作品制作(暗室作業、レタッチ、プリント、額装等)についてはカロタイプが全面的にサポートいたします。

回数 全6回
初回開催日 2017年 4月18日(火)
講師 安達ロベルト
受講料 ¥58,320(修了展に関わる費用は別途、人数割となります)
定員 8名(6名以上で開講)
開講のお知らせ ワークショップ開催に2週間前に開講の可否を決定します。
①申し込みが最低人数に達している場合は開講いたします
②開講人数に達していない場合においても講師の判断で開講する場合があります。

開講のお知らせメール(開講しない場合も含む)は開講の12日前までにお送りいたします。
開催場所 カロタイプ・フォト・ワークス
持ち物 筆記用具 作品
プログラム内容 【日程】




1回目 2017年4月18日(火)19:00-21:00


2回目 2017年5月9日(火)19:00-21:00


3回目 2017年5月30日(火)19:00-21:00


4回目 2017年6月20日(火)19:00-21:00


5回目 2017年7月11日(火)19:00-21:00


6回目 2017年8月1日(火)19:00-21:00




※上記の他に修了展の前に作品レビューを行います


※10月を目処に都内ギャラリーにて修了展を行います(2週間)






【内容】




第一回「あなたは何を見ているのか」




見ているものは一人一人違います。あなたが何をどう見て、何を見ていないかを意識することで、写真に必然を増やします。




第二回「ところで写真とはなんなのか」




写真の最重要ファクターである光や色を考えます。それを受け止めるフィルムやセンサー、紙などの指示体、色を再現する媒体などについて考えます。




第三回「若者に構図を語るような大人になりたくないあなたへ」




写真を構図ではなく「コンポジション」で考えることを提案します。音楽との対比で写真を構成することを学びます。




第四回「写真はアートなのか」




アートとはなにかを話し合い、あなたが写真でできることを問います。テーマ、モチーフ、コントロールできるものと出来ないものについても考えます。




第五回「写真に意味は必要なのか」




世に残る写真には必ず言葉があります。一度あなたの価値を言葉で定義してみます。




第六回「あなたは世界のどこにいるのか」




ストレートフォトがアートとして成り立ちづらくなった昨今、あなたのやりたいことできること、求められることをはっきりさせます。






【受講にあたって】




当ゼミには2つの柱があります。これら両方に積極的かつ前向きに取り組めることが参加の条件です。




A)受講生間でのディスカッション




B)課題にもとづく日々の撮影と制作




ゼミナールとして、受講生同士の活発な意見交換を期待します(誰かが誰かを論破するような議論ではありませんのでご安心ください)。また毎回出される課題は、一定の効果を上げるため日々の継続した取り組みが期待されます。そのため、現在取り組んでいる作品がある方は一度そこから離れることになりますので他の写真教室等との掛け持ちはお勧めできません。






*若き可能性、求む。*




安達ロベルト ゼミでは、受講料免除でゼミに参加できる制度を設けます。多くの可能性を持つ若き表現者を広く募集します。詳細は下記のリンク先をご覧ください。




【募集要項】



受講料に含まれるもの -
受講料に含まれないもの 展示開催費用
お問い合わせ 03-3235-7675
お問合わせフォームはこちら
【 講師プロフィール 】
安達ロベルト
写真を独学。アナログ白黒作品制作を活動の中心に置き、国内外で多数展示。並行してエディトリアル、広告、ポート レート等の分野でも撮影。写真雑誌での執筆も多数。日本写真学院、PHaT PHOTO写真教室等でも講師を務める。フ ァインアートの分野で国内外で受賞多数。主な出版物に写真集「Clarity and Precipitation」(arD)等がある。1969 年生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。www.robertadachi.com


他おすすめのワークショップ

過去のワークショップ

WorkShop一覧へ戻る